各種地盤補強工事

地盤調査データ、周辺状況に基づき、当該地に於いて適切な工法を提案・施工致します。
下記、表記以外の工法も、敷地状況に応じて提案致します。(人工地盤材による置換工法・シート工法等)

浅層混合処理工法

浅層混合処理工法(表層改良工事)

一般軟弱土用セメント系固化材を現地盤に直接散布し、バックホウにより所定深度までの土を混合・攪拌・転圧して、固化材の化学反応により硬質で均一な安定層を形成する工法です。

湿式柱状改良工法

湿式柱状改良工法

一般軟弱土用セメント系固化材と水をプラントで攪拌し、セメントミルクを作り、攪拌翼先端から吐出させながら現地土と混合攪拌し柱状のコラムを築造する工法です。

小口径鋼管回転圧入工法

小口径鋼管回転圧入工法

一般構造用炭素鋼鋼管を専用施工機で所定の支持地盤まで回転圧入により打設するもので、土質などに影響を受けない補強工法です。

沈下修正ー鋼管圧入工法(アンダーピーニング工法)

沈下修正 鋼管圧入工法(アンダーピーニング工法)

  • ●既存建物を反力として、油圧ジャッキで鋼管を支持層まで押込み、その鋼管杭を利用して不同沈下を起こした建物傾斜の修正を行います。
  • ●人力施工なので掘削スペースがあれば、施工可能です。
沈下修正 耐圧板工法

沈下修正 耐圧板工法

比較的浅い(基礎下端から1m程度まで)所に支持層が有る場合に有効支持層が確認できれば再沈下の心配はありません。短所としては、将来的に沈下の危険性がある地盤での施工は再沈下の恐れがあります。

  • ●基礎下を掘削し耐圧板を設置してその上にジャッキをかけて不同沈下を起こした建物傾斜の修正を行います。
沈下修正 薬液注入工法

沈下修正 薬液注入工法

基礎下の地盤補強に使用します。但し、建物直下を全面的に改良するのは困難で有り、改良効果の信頼性にも問題が有る為、採用にあたっては十分な検討が必要です。

  • ●地盤をボーリングマシン又は、人力で削孔し、グラウト材を注入します。
沈下修正 家曳き工法

沈下修正 家曳き工法

土地区画整理事業、歴史的建造物の維持保存、或いは建築物を解体せずに別の場所へ移動する場合に活用される工法です。

  • ●建造物を地面から離す。
  • ●建造物を地面から上昇させる(ジャッキなど使用)。
  • ●移動させるためのルートを作成する。
  • ●建造物をローラーに乗せる。
  • ●移動する(ジャッキを使用して押す又はウィンチを使って引く)。
  • ●建物を下ろし、固定する。

スマート免震

スーパージオ工法は、建物の重量と同等の土を取り除き、かわりに軽くて強いスーパージオ材を敷き詰めて地盤を軽くし、建物の支持力を確保する置換工法です。また地震時に発生した過剰間隙水を一時的に保水でき、液状化対策としても効果を発揮します。
スマート免震工法は、このスーパージオ材を敷き詰めることによって、地震の揺れを建物に減衰させる工法です。



免震対策

液状化対策

どのような土地にも
設置できる


地盤改良

住宅の建設予定地が地盤調査の結果、直接基礎で対応できない場合は、地盤改良工事を行い住宅の荷重に地盤が耐えられるよう地盤補強しなくてはなりません。
改良工法の選択は、安全性・経済性・将来性を考慮する必要があります。

その他国土交通大臣認定、建築技術性能証明、建設技術審査証明 各工法